カテゴリ:◆kenchiku travel ( 18 )

2004年 11月 16日
ガロ作家原画展
ちょうどふれあいエスプ塩竃で『ガロ作家原画展』が行われていました。
恥ずかしい話、『ガロ』という月刊誌の存在は知りませんでした。
あのゲゲゲの「水木しげる」をはじめ数々の作家達の原画が集められていました。
ここでなんで取り上げたかというと「白土三平」の『カムイ伝』(写真)は実は昔読んだことがあったのです。父が持っていたか、田舎にあったかで、とても懐かしい感じがしました。タッチはとても今の漫画では見られない(僕が見た限り)、なんというか暴力的なタッチで(僕が思うに)ストーリーもとても濃いというか生々しい感じです。しかし、それが読む人を強烈に引き寄せるのだと思います。取り憑かれたように読んでしまう力があの漫画にはあると思うのです。
ハードカバーで全15巻(多分)時間があればそこで読んでしまいたいと思いました。

僕の大好きな「井上雄彦」の『バガボンド』のようなきれいな描写と洗練されたタッチで描かれる漫画も読んでいてとても面白いのですが、『カムイ伝』のようなドロドロとしたストーリーで、雨で泥まみれになる格闘シーンなどの場面では、泥の茶色いジャリジャリした水の玉がこちらに飛んでくるような、腸を地面に投げ打ってそれでも戦い続ける場面ではその匂いまでもがこちら側に伝わってくるような、そんな描き方もとても面白いです。


b0051887_1503152.gif



長井勝一漫画美術館・ガロ作家原画展

日時:10/5~10/17 (10:00~17:00)
場所:ふれあいエスプ塩竃 ミーティングルーム
   入場無料


長井勝一漫画美術館
白土三平ファンページ
カムイ伝
inoue takehiko on the web
バガボンド
[PR]

by hrcod | 2004-11-16 15:00 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 16日
ふれあいエスプ塩竃
b0051887_1363177.gif

ふれあいエスプ塩竃。長谷川逸子・建築計画工房設計。
高宮研究室のo.t.iの修士設計のテーマの卸町を横目に見ながら車を走らせて一路塩竃へ。
塩竃というと港町というイメージがあるが、それでも内陸部なため、この建築は住宅街の中に大きく、長く横たわっているという感じだ。白を基調とした清潔感のある建物である。(ちなみに右側の写真はポーズをとる、絵になる男(弟))


b0051887_136571.gif
b0051887_1371560.gif

中にはいるとまず目に飛び込んでくるのが、フロアを取り巻くスロープである。手すりがなんとなしに「海」を思わせる波のような形である。これが建物の周りを取り巻いているのではなく階を重ねるごとにスライドして、またそのスロープも広がれば「場」となり、縮めばまたスロープになるというその関係は曖昧で、かつ意識を必要としない流れを感じる構成である。そのところどころに子供達が遊んでいてそれが暖かいぬくもりを感じるのである。(不思議に)
スロープを登り切るとそこは屋上庭園(駐車場の上)になっていて、水が流れ、陽が当たり、それを水が反射する。
この屋上庭園は隣の公民館との連絡通路にもなっていて、取りもこぼさずといった感じである。この屋上庭園は滑らかな曲線を描き、建物内部は随所に直線を用いた構成だったが、その違和感は感じられない。空間として統一感を感じる。(多分平面図では屋上庭園と建物とは違った印象を受けるかもしれないが、空間として感じるものは連続性が保たれていた)
全体として、色使いや構成、遊ぶ子供達などを見て「やさしい」という印象が残った。とても微笑ましい建築だった。


b0051887_13734100.gif


おまけ。
黄色いよ!トップライト。
二層吹き抜けホール横。またまた絵になる男
スロープにあったでかい段ボールガンダム。

◆data:
 『ふれあいエスプ塩竃』
 塩竃市東玉川町9-1
建築面積 1,228.59m2
延床面積 RC造 3階建 2,861.16m2

設計:(株)長谷川逸子建築計画工房
施工: 戸田・宮城機工JV


ochiai
卸町まちづくりプロジェクト展
高宮研究室blog
長谷川逸子作品
塩竃市役所HP
[PR]

by hrcod | 2004-11-16 13:58 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 15日
地底の森ミュージアム。原始の歴史
b0051887_1251089.gif

富沢遺跡を中心とした地底の森ミュージアム。板倉建築研究所設計。
宮城県弓道場からさほど離れた位置にはないこの地底の森ミュージアム。
ガイドブックからはそこまで興味をそそられはしなかったが、近いということで立ち寄った。
高層のマンションが建設中の中に、オアシスのごとく佇むコンクリート楕円の円柱が、現実から引き離された妙な感覚を演出する。


b0051887_1255688.gif

一度は円柱を見上げその姿を確認すると、アプローチは地底に続いている。
設計者の意図通りに体は自然とその空気に染められてしまう。
ここから異質な空間への心構えを嫌でもさせられ、呼吸を整えているのに気付く。
それと同時にその異質な空間への期待を増大させてくれる。
地底に潜り込む(←ホントにそんな感じ)ことを前提に作られているため光を採れる部分には徹底して光を採るといった感じだ。
ここで展示室までは切り取るような角度を持ったコンクリートの空間演出がされているが、展示室は落ち着いた緩やかな空間演出がされている。方舟の中にいるような、何か大きな存在を感じるような。
空間のコントラストが、体験することに非常に大きく作用をしているといえる。


b0051887_13181057.gif
b0051887_1243392.gif

展示されているのは古代の木の標本である。木は特殊な薬品を用いて、温度管理され保存されている。
そこで原始の時代の人々が生活していた空気を感じ取ることができる。
楕円の大空間は迫力が違う。そこに立ち並んでいた木々、人々の生活をゆっくり想像する時間も持ち合わせている。
中央にスクリーンが降りてきて当時の説明が加えられる。
光は、円柱とスクウェアの余剰部分から動線内に鋭く差し込むようになっている。
大展示室以外の場所は、逆に明るい空間として対比させているのだろう。


b0051887_12431916.gif
b0051887_12433561.gif

敷地内に広がるランドスケープはビオトープとなっていて、このときも○○観察隊が生態観察をしていた。
しばし原始の時代の風景と現代の人間社会を、透明度60くらいで重ね合わせるために芝に腰を下ろして見てみるのもいい。
立て続けにgood experience!!思わぬgood experience!!
次は塩竃へ。


◆data:
 『地底の森ミュージアム』
所在地 仙台市太白区長町南四丁目3-1
問い合わせ 仙台市富沢遺跡保存館
       TEL.022-246-9153
       FAX.022-246-9158
開館時間  午前9時〜午後4時45分(入館は午後4時15分まで)
休館日 月曜日 (休日にあたる日を除く)
     休日の翌日(休日または土・日曜日にあたる日を除く)
     毎月第4木曜日 (休日を除く)
     年末年始 (12月28日〜1月4日)
入館料 一 般 400 円 (320 円)
     高校生 200 円( 160 円)
     小・中学生 100 円( 80 円)


地底の森ミュージアム
[PR]

by hrcod | 2004-11-15 13:52 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 15日
宮城県弓道場
b0051887_11103748.gifb0051887_11105796.gif

宮城県弓道場。鈴木弘人設計事務所。
木のルーバーが存在感を十分に発揮している建築。
ガイドブックでは規模の大きさを感じたが、実際訪れてみるとこぢんまりした建物だ。
横方向にのびた木のルーバーがそうさせているに違いない。
ルーバーの内側は動線になっていて、陽が差し込むときれいな光の短冊をちりばめたような情景がそこにはある。
その建築の性格が爽やかさと凛とした印象を見たものに与えてくれる。
一人一人が精神を集中して一点に向かって矢を射る。そんな明確な方向性を表現できているのではないだろうか。
その見るものには儀式のようにも思える、厳粛な雰囲気を損なわない建築だ。
しかし、
「宮城県弓道場の的場屋根が傾く 設計者が補修費の7割を負担」
(特集 追及される設計監理責任——発注者との意識の差がトラブルを生む)
日経ア-キテクチュア

こんな記事をたまたま見つけてしまった。ちょっと残念。
 
b0051887_11111833.gif
b0051887_11134574.gif

建築も良いが、それよりもちょうど訪れたときに、弓道の段級試験をしているときだった。初めて見る光景に興奮した。
袴姿は勇敢に見える。日本最高!!
一つ一つの一連の動作に作法と歴史を感じる。だいたい4,5人で1グループであるのだが、コマ送りのように連続して打っていく。
その後の残身(?)までもが審査されるので気が抜けない様子だ。
それぞれの動作に意味があり、見ていて美しい。
ルールを知らなくてもこれだけの感動!!
的の中心に当てるだけが弓道ではないことをここで初めて知らされた。
非日常的経験。全身が泡立つ感じを十分に味わった。

多分この集中力この後の人生で絶対役に立つはずだぜ!



宮城県スポーツ財団
鈴木弘人設計事務所
[PR]

by hrcod | 2004-11-15 11:43 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 12日
一日目夕食!
b0051887_17155117.gif


一日目はここまでの疲れが出て、弟の家で仮眠をとる。
そのまま時間が過ぎて夕食に。
弟おすすめの旬菜食健「ひな野」で。
FORUS向かいの仙台東映4階。
食べ放題のオーガニック料理の数々にびっくり。
食べ放題だよ?!
しかもメニューのネーミングがユニーク。
一言では終わらないメニュー達。
五穀米もあり、ヨーグルトもあり、健康食品ばかり。
しかも飲むことも可能!
デザートもフルーツもお茶全種類もジュースも全部で一人\2,100!
どうですか〜?お客さ〜ん?


◆data:
ひな野 一番町店
仙台市青葉区一番町4-2-10 仙台東映プラザビル4F
営業時間/ランチ 11:30〜16:00(14:30オーダーストップ)
     ディナー 17:30〜23:00(21:30オーダーストップ)


旬菜食健「ひな野」
SENDAI FORUS
[PR]

by hrcod | 2004-11-12 17:37 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 12日
KY HOUSE
b0051887_1628131.gif

KY HOUSE。
建築工房DADA。
忘れてました。これは一日目。
この建築、「北海道・東北を歩こう!」の地図まちがってるよ!
と声を大にして言いたい!酒屋の主人に聞き、FMの店員に聞き、交番に聞き、やっとたどり着いた。
それにしても写真で見ると興味が湧いたが、実際行くとゲンナリ。
ただ、階段室上部の丸い空はそれできれいだった。
M1のときのウグイス団地再生の時の自分の作品と照らし合わせてみたかったのもある。ちょっと違うけどね。

b0051887_16394940.gif

コンクリートガチガチの打ち放しでかっこいいと思わせてくる。
「かっこいいでしょ?!打ち放しのマンションは。」
と顎をあげて、見下ろして言われている感じで嫌気がさした。
表側(通り側)と裏側(路地側)で違った顔を持つ。
が、通り側はとても退屈なデザインである。全くつまらない。
空腹と建築と地図の間違いとで、10分とその場にいられなかった。
きれいなマンションでした。

b0051887_1641591.gif
[PR]

by hrcod | 2004-11-12 16:44 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 12日
秋色
b0051887_1465494.gif


仙台、秋の色。
とてもいい色。
あの色は出せるんだろうか?
ぼーっとしちゃうな。
ハっとしちゃうな。
[PR]

by hrcod | 2004-11-12 14:08 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 12日
メタルメッシュ!
b0051887_1353132.gif

メタルメッシュにほれた。
いろんな角度いろんな場所からシャッターを押し続けた。
電気機器を直射日光から守るためのブラインドの作用をするものが、これほどまでに愛おしい。
距離を縮めたり、離したりすると違う表情を見せる。

b0051887_1445277.gif

どこまでもモアレってくれ!!



新建築2001年5月号
[PR]

by hrcod | 2004-11-12 13:58 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 12日
東北大学創造工学センター
b0051887_1222191.gif
b0051887_1212216.gif


東北大学創造工学センター。
八重樫直人+東北大学設計部+みちのく設計。
新建築やJAなどで取り上げられていた建築の一つである。
建物の周りを全てメッシュで覆われている。
メッシュの奥に建物の輪郭、表層がぼやけて見える。
メッシュは建物から離れて設置してあり、上部を固定されているだけで、風が吹くと波打つように設計されている。
近くに寄るとメッシュというより「網」だ。キッチンにありそうな素材をしている。
建物は斜面に建てられており、3つの部分が接続している形態を持つ。
中央の部分はピロティがあり、通り抜けられるようになっている。
そして、そこから2つの建物に入るようになっている。
斜面上部は研究棟、斜面下部は実習棟のようだ。(また内部は入れず)
(もしくは上部講義室、下部実習室)
斜面下部の建物全面の水盤から反射する光が生物のように動く姿がいい。
(しかし、確信犯的で少しかゆい感はあるが。)
このメタル感いっぱいの建築に周りの木々の紅葉との絶妙な色彩のコントラストは、その佇まいに大きな作用をもたらしていると言えるだろう。


b0051887_14463592.gif


◆data:
東北大学創造工学センター
所在地 宮城県仙台市青葉区
基本計画・実施設計監修 八重樫直人+ノルムナルオフィス
東北大学キャンパス計画室
基本設計 東北大学施設部
実施設計 みちのく設計
構造設計 ゴウ構造
設備設計 拓殖設備設計事務所
施工 日本道路
敷地面積 764,298.00m2
建築面積 697.21m2
延床面積 1,018.98m2
構造 鉄筋コンクリート造
規模 地上2階
主要用途 大学演習施設
竣工 2001年3月


東北大学創造工学センター
[PR]

by hrcod | 2004-11-12 13:43 | ◆kenchiku travel
2004年 11月 12日
東北大学情報研究科棟
b0051887_1315463.gif

 東北大学情報研究科棟に朝一番で向かう。国立大学である東北大学はキャンパスの敷地面積は莫大なものとなる。
この東北大学情報研究科棟も青葉山にあるわけだが、山一つ大学(宮城教育大学なども含め)というひとつの国が築き上げられているかのようだ。
その自然の中で生徒達は充実したキャンパスライフを送ることだろう。
研究者サイドから見ればこの環境は最適な環境といえるのかもしれない。
しかし同時に、この国の中で満足することは危険なことかもしれない。

 さて建築についてだが、針生承一建築研究所設計であるこの研究棟。
内部には当然はいることはできなかったので外から満遍なく観察することとした。

 研究棟は、エントランスの角度あるホール部分(多分)と後方に研究室のある研究棟が明確に別れている。
ホール部分はスラブがそのまま外部に突出し、ファサードを構成する言語として機能している。
表側から研究棟は滑らか(よく見ると角度はあるが)に連続するようにデザインされているが、裏側はかちっとしたキューブの顔を持っている。
表側は軽く、明るく、シャープな印象を受けるが、裏側は真逆の表現がされている。その境界を見ることができるのが側面からのビューである。
ガラスとコンクリートという両者の素材の性格がそのままプログラムに置換されているのではないだろうか。

b0051887_12111217.gif

b0051887_12112689.gif



針生承一建築研究所
東北大学
[PR]

by hrcod | 2004-11-12 12:35 | ◆kenchiku travel