カテゴリ:◆arch mono( 11 )

2006年 03月 25日
ワンストップ
東京仕事センターのCMが最近流れているようです。
修士設計がそういった分野のものをやったので敏感に反応してしまいました。
東京仕事センターには何度か足を運んだものです。
そしてハローワークめぐり。資料集め。データの集積と整理と分析。

それにしても。
お役所考えてのCM内容なのでしょうけれども

ひどいCMです。
東京都は東京の若者の現状を把握していないのか
少し色をつけての内容なのか
それともやる気がないのか(ないわけないだろうけど)
行こうと思っている人の心情を動かすような内容ではないはず

ただ、
「おれメガネ掛けてみよう。」
っていうプチアフロの台詞はアドリブっぽくて面白いけど。
[PR]

by hrcod | 2006-03-25 15:41 | ◆arch mono
2005年 01月 31日
archi_lab
b0051887_2026476.gif


一人で「アーキラボ」に行ってきました。
昨日までの疲れを引きずりながら、それでも何かを得ようとして。
運良く研究室に割引券があったので拝借してきました。(shinyaさんありがとうございます。)
サインを手がかりに視線は常に斜め45度。アゴ出っぱなし。矢印の通りにしか歩いていません。
まず、展望台で天気の良い東京を見下ろします。
そんなところでこの写真!
思い出しませんか?僕は思い出さずにはいられませんでした。


b0051887_20574962.gif



「青山霊園再生計画」

あそことあそこに1/500模型、あの駐車場の部分が1/100模型作ったんだなぁ。
スタイロ切り続けたなぁ。アクロバティックに。
ニクロム線とあんなに向き合ったのは初めてだったなぁ。
あのアンジュレーションはあの時産み出されたんだなぁ。
青山公園の木々が、そのときに使ったスポンジに見えてきました。
そう見ていくと青山公園がvectorの図面に見えてきました。
グリッドになっているのが分かります。
それにしてもおかしな感覚ですが、模型の方が広いような感覚を覚えました。
スケールアウト。

それだけでも充分楽しみました。
って、ここからでしょ?!
「アーキラボ」。。。厳重な警備体制。ちょっと触っただけ、ちょっと線から出ただけで注意されてしまいます。
みなさんお気を付けて。

久しぶりに行く一人の展覧会もいいものだなぁと。納得がいくまで何度も見てきました。
模型の参考になるものがないかな?ぐらいで行ったのですが、それ以上の収穫はありました。
驚いたのは、くらいスライドの部屋でカップルがちゅーしてたことです。(それが一番かよ!?)それを隣のおばさんが至近距離で凝視しているにも関わらず。そのおばさんを僕はずーっと見ていました。最初目を丸くしていましたが、その後は若干鼻の下がのびているお顔になったりしていました。おばさんのあの集中力のエネルギーは何かに使える!そう思ったくらいです。

けしからん!と思うかもしれませんが、建築関係の人ばかりに展覧会ではないことが来訪者を見れば分かります。そこで、あの展覧会のスライドスペースをデートスッポトにしてしまったあのカップルは逆にすごいというか。確かにマナーもあるかもしれませんが、僕らが言うと「建築を汚すな!」みたいにとられがちです。あのカップルの例は多少度が過ぎていたかもしれませんが、展覧会はみんなのもの。一人一人のペースがあって、それにいちいち口出しするのはナンセンスです。(それでもちゅーはいかんか。やはり。うん。だな。)

何故こんなことを書くかというと、実際自分が初めは「なんだこいつら建築も知らないのに。」みたいに思ってしまったからです。しかし、それこそが恥ずかしいことで、そういうことを考えることこそ建築が離れていくことに繋がるような気がしてしまったのです。確かに名実共に整っている人なら別ですが、こんな僕が思うことなんて何てばかげていたのだろうと思ったのです。(名実共に整っている人ならそんなこと逆に思わないですよね。)
そう思った瞬間にとても展覧会が楽しく感じられるようになりました。周りの人も同じなんだと思うと、逆に周りが気にならなくなりました。考え方一つでこんなにも違うとは。といった感じです。


どこが良かったか。ベスト3のくせに順不同。
「万博のスライド」(現場)
「斜めの部屋」(空中都市)
「ペローのフランス図書館DVD」(全部見た)


終わってカフェーでも行っちゃおうかと思いましたが、そんな余裕はなく、学校へ速攻で帰ってきましたとさ。


data:
MORI ART MUSEUM
[PR]

by hrcod | 2005-01-31 21:01 | ◆arch mono
2005年 01月 24日
偶然の日曜美術館
b0051887_2182598.gif


極小雪が舞う中、早朝帰宅して、朝食をとっていると何気なく「日曜美術館」。
そこで今日は日曜日、だから電車も空いていたのだということを改めて気付きます。

「五十嵐太郎さん×hanaさん×メタボリズム」のお話の場面です。
五十嵐太郎さんの説明を僕よりも熱心に聞くhanaさん。
実は「アーキラボ」の特集で、森美術館を飛び出して実際に建築にふれてみたり、建築家の事務所の取材があったりと、面白い番組でした。

展覧会を見た後でこれを見るのと、行く前に見るのとでは違うでしょう。
やはり見た後で見ると面白かったかもしれません。
強力な説明の補足が、全部とはいきませんがされていましたからね。
「見に行こう!」と決心が固まったのと同時にカレーが(朝から?)冷めていました。

日曜美術館は、これを見て今日は美術館に行こう!的な紹介の部分があるのでしょうか?
それとも美術館に行かない人がヴァーチャルでブラウン管を通しての美術を体験するためのものなのでしょうか?
どちらにせよ今回の偶然の日曜美術館はいいものでした。

「朝起きていたは三文の得」とはこのことですかね。


data:

リスペクト東京建築(監修五十嵐太郎/profile)
NHK
MORI ART MUSEUM
[PR]

by hrcod | 2005-01-24 02:41 | ◆arch mono
2005年 01月 22日
スクープ?
b0051887_2211138.jpg


それではマジックを一つ。
窓ガラスを浮かせてご覧にいれましょう。

<タネあかし>
まずクレーンでフックをかけてつり上げます。
どうですか?すごいでしょう!
これぞクレーンパワーです!

名倉病院もどんどんできあがっています。
(丹下都市建築設計研究所)
[PR]

by hrcod | 2005-01-22 22:06 | ◆arch mono
2005年 01月 22日
assemblage
飯田さんのフランスでの展示会が今日まででした。
というのも今日M1の講評会でお見かけしたので。

[assemblage]
yoshihiko iida+IAS iida archiship studio
architecture exhibition
@la galerie d'architecture Paris
18 dec 2004 - 22 jan 2005

--------------------------------------------------------------------------------------------

そのとき最後の方(日本で)をお手伝いした報酬として頂いたのがこれ↓
クリティークぐらいでしか会ったことがないので多分僕のことはご存知ないはずですが。。。(涙)
「集積の方法」は飯田さん建築がぎっしりでございます。
ブックカバーは「名古屋大学野依センター」のガラスファサードです。


b0051887_2019124.gif


僕的には「新津組山梨営業所」と「川上村林業総合センター・森の交流館」が好きです。
(富弘のコンペ案も好きです。)


data:
IAS[Yoshihiko iida Archiship Studio]
集積の方法
[PR]

by hrcod | 2005-01-22 20:41 | ◆arch mono
2004年 12月 01日
祈りながら
b0051887_21394386.gif

久々の更新です。
休んでいてすいません。
学生生活最後のコンペになるであろう(なるね。)コンペのためテンパリテンパリしていました。住宅のコンペを立て続けに出したので達成感はそれなりにあります。

なんと予定より5時間押しという異例の事態。これには本人もびっくりというか焦ってました。
作業中よく飲んだのがMATCH!MATCHをこよなく愛しているのです、最近あの黄色と水色がやけに手元に置いておきたくなるのです。ビタミンCも取れちゃいます。
そして、atcがサービス券でMサイズにしてきてくれた珈琲、このおかげで出力中寝ずに待っていることができました。ありがとう。

そして、梱包。ここで必ず起きることをお知らせします。梱包しているとき、出力したモノを入れて周りをガムテでとめますが、さっき入れたのに何度もモノが入っているか確認してしまいます。みなさんはありませんか?
心配性というより、「これが入っていなかったら今までの苦労が水の泡。」を何度も繰り返すのです。病気かしら?寝てない状態でのことかもしれませんが、客観的に見て笑えます。

そして、本郷郵便局へ。東大前のイチョウ並木は思ったより色づいていませんでした。でも、この色いい感じで飽きさせない配列の仕方をしています。そして、タクシーのオレンジといい感じで秋を演出しています。
本郷郵便局に来ると2年生の時の集合住宅の課題を思い出します。そして、講評会の苦い思い出も。


そんなことを思いながら赤門に手を合わせ「良い結果がでますように」って間違ってますよね?
[PR]

by hrcod | 2004-12-01 21:53 | ◆arch mono
2004年 11月 26日
反復は美なり
b0051887_1643230.gif
b0051887_16434181.gif

(クリックすると少し拡大されます)

なんだか高架と橋梁マニアのような写真の数々ですが、最近妙にくすぐられるモノです。上は東武伊勢崎線浅草駅高架下。下は白鬚橋。どちらも何かの生物の白骨化したような「骨」として見えてくるのは僕だけでしょうか?
この形状の反復に最近無性に美的センスを感じてしまうのです。

これらは、ただ川を横断するため、鉄道を通すためを目的として成立しています。何かを見せよう、何かを感じてもらおうという意図は(おそらく)ないと思います。どうしたら落ちない橋になるか、電車が通っても耐えられるのか、ということでおおかた決まっているモノです。だから、構造的な理由とその存在理由がとても明確で、「だから」とか「どう?」とか話しかけてこないのがいいんだと思います。「さりげない」と思えてくるのです。そして、それらの構成は構造を重視したものになっているが故に反復が行われるのです。そこに僕の視点があるのかもしれません。ひいて撮るとちゃんと高架や橋梁なのですが、近づくと高架や橋梁といった形態は飛んでしまって、デザインのカタチとして認識されてしまうところも面白いところです。
これと同じようなことを本の中で青木氏が言っていて、それも加わって自分の視点の理由が少し分かった気がしました。

b0051887_17131957.gif
[PR]

by hrcod | 2004-11-26 17:09 | ◆arch mono
2004年 11月 19日
外側から/内側から
船に乗っているときの話。
河川というのは大地を分断し、海まで繋がり、昔から大切な交通網の一つとして成り立ってきたわけですが、そこから見える風景、都市というものは、大きく見れば都市の中を蛇行しながらトラベリングして行くような都市の内側としての位置付けと、小さくみれば都市の表面、外側を見ることのできる都市と都市との境界のような位置づけが例えばできるとして、その見方を交互にしていくとそこで得られる風景が、違ったものに感じられました。

隅田川の水上バスルートの上流付近は今にも両端から建築が覆いかぶさろうとするような、
「おまえ、初めて来たのか?」
などと、時には脅されるような何か語りかけてくる気がします。見下ろされているような、自分がその風景の中ではとても小さな存在となってしまうのです。
逆に臨海部付近となると、高層の集合住宅や、大企業のオフィスビルなどが平然と立ち並び、こちらは何も語りかけては来ない。一つ一つはとても大きいのに見ているこちらはその風景の中から隔離されてしまう感覚を受けてしまうのです。
お台場付近まで来ると(僕たちは船尾のほうに座っていたので)広がる景色が今まで見てきたものを貼り合わせたような、いろいろな都市の要素をレイヤーで重なるようにして見せてくれます。一つ一つがいくつかの集合として見えてくるから不思議です。

たまにはべたな東京観光もベリーナイスですよ!
知ってるようで知らないことかなり多いですからね!

b0051887_8253246.gif

b0051887_825417.gif



一番右の写真。
写真をとってる人をカメラで撮る。つまり同じ格好の二人。
冷静に端から見たら笑えます。
[PR]

by hrcod | 2004-11-19 08:32 | ◆arch mono
2004年 11月 19日
フェチ??
先日の東京めぐりで自分の新しいフェチポイントを発見してしまいました。
それは、「橋の裏」です。
水上バスに乗っていくつも橋をくぐるのですが、その橋の裏のストラクチャーに魅せられてしまったのです。
橋を支えるための構造部分ではあるのですが、滑らかな弧を描いてきれいに配列を守っているその姿はso beautiful!そして隅田川にかかる橋はそれぞれカラフルな色を持っているのです。新しいものはきれいでいいのですが、古い橋の裏もまたくすんだいい味を出しているのです。
う〜む。いろいろな裏側を見るのは時として面白い時があります。
僕らもドイツと日本の架け橋になれたのでしょうか?
お後がよろしいようで。

b0051887_2357458.gif

b0051887_2358286.gif

b0051887_23581679.gif


[PR]

by hrcod | 2004-11-19 00:00 | ◆arch mono
2004年 11月 05日
get sorry
b0051887_939329.gifb0051887_9391683.gif


ひさしぶりにげっそりした。
コンペやってみた。修士の中間発表とかで集中できなかったけど、なんとかやってみた。いつもの神田郵便局では時間内に配達できないらしく、今から本郷郵便局へ行って来ます。仙台行きを遅らせてまでコンペやったよ。久しぶりにPCを自宅に持って帰るなぁ。

さっき顔を洗いに行った。洗い終えてタオルで自分の顔を拭いたとき、
「おれのって提案が見えないな。」とふと思った。
「へへ」
なんだかコンペってたのしいな。気付くの遅すぎ。(プレゼン決め決めだったからか)
でも、きれいにレイアウトできたからそこだけでも自分を褒めます。(ほめるとこないよぉ)
これを次につなげるぞ!(前向き)

今日の深夜仙台へ出発します。弟のお見舞いというテーマで建築探訪してきます。
いつものお礼にte-chingに甘いものおみやげします。
忘れないと思うけど、忘れたらごめんね。
[PR]

by hrcod | 2004-11-05 09:46 | ◆arch mono