<   2005年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2005年 01月 31日
archi_lab
b0051887_2026476.gif


一人で「アーキラボ」に行ってきました。
昨日までの疲れを引きずりながら、それでも何かを得ようとして。
運良く研究室に割引券があったので拝借してきました。(shinyaさんありがとうございます。)
サインを手がかりに視線は常に斜め45度。アゴ出っぱなし。矢印の通りにしか歩いていません。
まず、展望台で天気の良い東京を見下ろします。
そんなところでこの写真!
思い出しませんか?僕は思い出さずにはいられませんでした。


b0051887_20574962.gif



「青山霊園再生計画」

あそことあそこに1/500模型、あの駐車場の部分が1/100模型作ったんだなぁ。
スタイロ切り続けたなぁ。アクロバティックに。
ニクロム線とあんなに向き合ったのは初めてだったなぁ。
あのアンジュレーションはあの時産み出されたんだなぁ。
青山公園の木々が、そのときに使ったスポンジに見えてきました。
そう見ていくと青山公園がvectorの図面に見えてきました。
グリッドになっているのが分かります。
それにしてもおかしな感覚ですが、模型の方が広いような感覚を覚えました。
スケールアウト。

それだけでも充分楽しみました。
って、ここからでしょ?!
「アーキラボ」。。。厳重な警備体制。ちょっと触っただけ、ちょっと線から出ただけで注意されてしまいます。
みなさんお気を付けて。

久しぶりに行く一人の展覧会もいいものだなぁと。納得がいくまで何度も見てきました。
模型の参考になるものがないかな?ぐらいで行ったのですが、それ以上の収穫はありました。
驚いたのは、くらいスライドの部屋でカップルがちゅーしてたことです。(それが一番かよ!?)それを隣のおばさんが至近距離で凝視しているにも関わらず。そのおばさんを僕はずーっと見ていました。最初目を丸くしていましたが、その後は若干鼻の下がのびているお顔になったりしていました。おばさんのあの集中力のエネルギーは何かに使える!そう思ったくらいです。

けしからん!と思うかもしれませんが、建築関係の人ばかりに展覧会ではないことが来訪者を見れば分かります。そこで、あの展覧会のスライドスペースをデートスッポトにしてしまったあのカップルは逆にすごいというか。確かにマナーもあるかもしれませんが、僕らが言うと「建築を汚すな!」みたいにとられがちです。あのカップルの例は多少度が過ぎていたかもしれませんが、展覧会はみんなのもの。一人一人のペースがあって、それにいちいち口出しするのはナンセンスです。(それでもちゅーはいかんか。やはり。うん。だな。)

何故こんなことを書くかというと、実際自分が初めは「なんだこいつら建築も知らないのに。」みたいに思ってしまったからです。しかし、それこそが恥ずかしいことで、そういうことを考えることこそ建築が離れていくことに繋がるような気がしてしまったのです。確かに名実共に整っている人なら別ですが、こんな僕が思うことなんて何てばかげていたのだろうと思ったのです。(名実共に整っている人ならそんなこと逆に思わないですよね。)
そう思った瞬間にとても展覧会が楽しく感じられるようになりました。周りの人も同じなんだと思うと、逆に周りが気にならなくなりました。考え方一つでこんなにも違うとは。といった感じです。


どこが良かったか。ベスト3のくせに順不同。
「万博のスライド」(現場)
「斜めの部屋」(空中都市)
「ペローのフランス図書館DVD」(全部見た)


終わってカフェーでも行っちゃおうかと思いましたが、そんな余裕はなく、学校へ速攻で帰ってきましたとさ。


data:
MORI ART MUSEUM
[PR]

by hrcod | 2005-01-31 21:01 | ◆arch mono
2005年 01月 28日
おかえりなさい。
b0051887_23594958.gif


還ってきました。
苦情の問い合わせメールを何通も送って担当の方にはごめんなさい。
でも買って間もなく不具合が出てのですから仕方ないと思ってもらって両成敗。

「当社の検査の結果異常な箇所は確認されませんでした。」
「今回は代替品をお送り致します。」

検査期間中の身代わりとして送られてきたと思っていたら、これもらっていいみたいなのです。
何度も念を押して「これから壊れることがないのを保証してください。」なんてメールしたからかしら。
そんな保証あるわけないのに。。。

でも晴れて新品のカードを手に入れることが出来て満足です。
こんなことならもっと早くすれば良かった。あの時すぐにでも。

オプティ隊のみなさん、SDカードご利用のみなさん、
SDカードの不具合は「(株)パワーグローバルインデクッス」が親切に対応してくれますよ。
担当の方にはありがとうございましたでございます。


data:

株)パワーグローバルインデクッス
[PR]

by hrcod | 2005-01-28 00:09 | ◆life is beautiful
2005年 01月 26日
作業中→
b0051887_21421117.gif


作業中なんだ。。。
よしっ!!
[PR]

by hrcod | 2005-01-26 21:45 | ◆egakitai
2005年 01月 24日
偶然の日曜美術館
b0051887_2182598.gif


極小雪が舞う中、早朝帰宅して、朝食をとっていると何気なく「日曜美術館」。
そこで今日は日曜日、だから電車も空いていたのだということを改めて気付きます。

「五十嵐太郎さん×hanaさん×メタボリズム」のお話の場面です。
五十嵐太郎さんの説明を僕よりも熱心に聞くhanaさん。
実は「アーキラボ」の特集で、森美術館を飛び出して実際に建築にふれてみたり、建築家の事務所の取材があったりと、面白い番組でした。

展覧会を見た後でこれを見るのと、行く前に見るのとでは違うでしょう。
やはり見た後で見ると面白かったかもしれません。
強力な説明の補足が、全部とはいきませんがされていましたからね。
「見に行こう!」と決心が固まったのと同時にカレーが(朝から?)冷めていました。

日曜美術館は、これを見て今日は美術館に行こう!的な紹介の部分があるのでしょうか?
それとも美術館に行かない人がヴァーチャルでブラウン管を通しての美術を体験するためのものなのでしょうか?
どちらにせよ今回の偶然の日曜美術館はいいものでした。

「朝起きていたは三文の得」とはこのことですかね。


data:

リスペクト東京建築(監修五十嵐太郎/profile)
NHK
MORI ART MUSEUM
[PR]

by hrcod | 2005-01-24 02:41 | ◆arch mono
2005年 01月 22日
スクープ?
b0051887_2211138.jpg


それではマジックを一つ。
窓ガラスを浮かせてご覧にいれましょう。

<タネあかし>
まずクレーンでフックをかけてつり上げます。
どうですか?すごいでしょう!
これぞクレーンパワーです!

名倉病院もどんどんできあがっています。
(丹下都市建築設計研究所)
[PR]

by hrcod | 2005-01-22 22:06 | ◆arch mono
2005年 01月 22日
assemblage
飯田さんのフランスでの展示会が今日まででした。
というのも今日M1の講評会でお見かけしたので。

[assemblage]
yoshihiko iida+IAS iida archiship studio
architecture exhibition
@la galerie d'architecture Paris
18 dec 2004 - 22 jan 2005

--------------------------------------------------------------------------------------------

そのとき最後の方(日本で)をお手伝いした報酬として頂いたのがこれ↓
クリティークぐらいでしか会ったことがないので多分僕のことはご存知ないはずですが。。。(涙)
「集積の方法」は飯田さん建築がぎっしりでございます。
ブックカバーは「名古屋大学野依センター」のガラスファサードです。


b0051887_2019124.gif


僕的には「新津組山梨営業所」と「川上村林業総合センター・森の交流館」が好きです。
(富弘のコンペ案も好きです。)


data:
IAS[Yoshihiko iida Archiship Studio]
集積の方法
[PR]

by hrcod | 2005-01-22 20:41 | ◆arch mono
2005年 01月 22日
再見→再発見
b0051887_085423.gif


「ここでしか出来ないこと。」
「ここで出来ること。」
「ここで出来ると良いこと。」

よく見ればかなり特徴あるところだ。
どこでもそうなのかもしれない。
抽出、濾過すれば何かしら残るものだ。

今日、お巡りさんがカブ停めてまですごい睨んできた。
チャリンコをごく普通に乗っていただけなのに。。。
僕もよく見ればかなり特徴があるってことかな?
[PR]

by hrcod | 2005-01-22 00:17 | ◆life is beautiful
2005年 01月 19日
MATCH!
b0051887_138881.gif


「大塚ビバレッジの「MATCH」をこの数日で何本飲んだだろう?」
「ビタミンCとミネラルを同時にとることが出来る「ふたついいこと」がマッチしているのだ!」

この時期「風邪」は禁物。
僕も含めて愛煙家のみなさんはその都度体内のビタミンCを消しているのです。
人間は体内でビタミンCを作り出せないのです。
そしてビタミンCは体内に蓄積することが出来ないのです。
だから常に摂取することが肝心なのです。

MATCH、マッチ、マッチ、んぐ。(♪?)
--------------------------------------------------------------------------------------------
敷地とプログラムのマッチング。
周辺環境、周辺条件と敷地のマッチング。
プログラム間のマッチング。
各動線と配置のマッチング
空間内の要素のマッチング。
空間の操作、ルールのマッチング。
景観と建築のマッチング。。。。
今のところはこの辺か。。。



ちょっと待ッチング(噴出)。
アイデアの神様が降りてきたかも。
否、降りてきて(祈)
[PR]

by hrcod | 2005-01-19 01:48 | ◆life is beautiful
2005年 01月 15日
毎度感謝!
3000HITS!達成です。
これもみなさまのおかげ、おかげでございます。
ひとりでも多くの方に見て頂けるよう日々精進致します。
これからも末永くよろしくお願いします。

というわけでtop変えてみました。
何気に毎回やってるのYO!
知ってたって?!


ついでにblog_rankingでも
油買処(最初は漢字だった)
[PR]

by hrcod | 2005-01-15 18:17 | ◆life is beautiful
2005年 01月 14日
早朝視点
朝方帰宅したのですが、電車の中では珍しく寝ず、本を読まない男が去年の秋から、「読書の秋」にかられてまだ続いている習慣である「寝ない読書」で小説を走るように読み、しかし内容は頭に入っているのでしょうか?頭は動いているのでしょうか?という具合で最寄り駅に降り立ちました。
「見たこともない朝日」を背にラッシュの人波を逆走しました。
こんな時は普段見えないものが見えてくるような、こないような。

小学生の登校時ど真ん中に偶然遭遇。
1.「みどりのおばさん」(多分こんな名称?)
「黄色の旗を持って横断歩道を歩く小学生を誘導する多分主婦の方」がまだ存在しているとは思いませんでした。パッシングするバスのライトが眩しかったのをかろうじて記憶しています。

2.まばらに歩く小学生。
集団登校といえば集団登校ですが、道路の両端に二人もしくはひとりぼっちで歩く小学生。
ほんの15m位の間に8人ほどの小学生がまばらに歩いていくのです。
それが少し不思議な感じがしました。
自分の小学生時代は班になって班長を先頭に列になって歩いていたことを思い出しました。
最近の小学生は一人になりたい時間が欲しいのかな。

3.朝陽
この色はイラストレーターのスウォッチライブラリの中にもないでしょう。
見ているだけでその色は暖かい熱を持っていたように思います。
太陽の光ってやつは見えない力があるのでしょうね。
(まぁその後深い眠りについたわけですが)

やはり人間は朝活動を始めて、夜寝るべきなのでしょう。

b0051887_1535451.gif

[PR]

by hrcod | 2005-01-14 02:12 | ◆life is beautiful